HIKARU FUJII 藤井光 美術家/映画監督

No.54 2009-12-20

プロダクトからプロセスへと美学的実践を拡張させたフルクサスと、芸術
と技術の前衛グループE.A.Tの美学は、東京・国立市の市民に受け継がれ、
市民が主体的に制作した映像表現が市民の意見として行政にフィードバッ
クされる(国立ビデオひろば/1978年-1993年)。
2009年には「横浜国際映像際」のラボスペースで民衆による民衆のため
のメディアが可視化され、「今後のICT分野における国民の権利保障等の

在り方を考えるフォーラム」では、総務大臣と津田大介がコミュニケーシ
ョンの権利や市民メディアの実践必要性をツイッターでつぶやき始める。
人種差別や女性の権利が100年の抵抗を経て、脱・構築され始めたように
、一部の人々に独占され続けた映像表現が、その発信と制作の権利を分有
しようと政府レベルで議論され始めた2009年。
生存の危機に瀕し、生活保護の申請をしたにも関わらず、追い返えされ、
ビデオカメラでその不透明な行政システムを記録して逮捕って何だよ?!

【日時】2009年12月23日(水・祝)18:00開場
【会場】大久保地域センター(新宿区大久保2-12-7)
【アクセス】JR新大久保駅/都営大江戸線東新宿駅、徒歩10分
【資料代】500円(カンパ)
【報告】橋口昌治(関西非正規等労働組合「ユニオンぼちぼち」委員長)
【問題提起】山本志都(弁護士)

稲葉剛(自立生活サポートセンター・もやい代表理事)
山谷労働者福祉会館活動委員会
根来祐(フリーター全般労働組合ムービーユニオン)
山川宗則(Media Champon)
http://unionbotiboti.blog26.fc2.com/blog-entry-101.html
…………………………………………………………………………………………………………………

行政刷新会議による事業仕分けにより圧倒的な圧縮の判断が下された文化
芸術への税金の分配問題に発起した、芸術文化政策を考える緊急フォーラ
ムでは何が語られるのか?
remo*Tokyoはその様子を記録し、インターネットで中継する。
http://www.ustream.tv/channel/remotokyo

【日時】2009年12月23日(水・祝)17:30-21:30 (30分前に受付開始)
【会場】BankART Studio NYK(横浜市中区海岸通3-9)
【アクセス】横浜みなとみらい線「馬車道駅」6出口[万国橋口] 徒歩4分
【参加費】無料
【定員】150名(メールで下記宛に事前にお申し込みください)
【予約方法】E-mail forum09@arts-npo.org
【意見提案】上記テーマに関するご意見を各200字程度でお寄せください。
【問合せ先】NPO法人アートNPOリンク事務局

E-mail anl@arts-npo.org
TEL/FAX 075-231-8607
http://arts-npo.org/emergencyforum.html

コメントは受け付けていません。

お問い合わせ:contact@hikarufujii.com