HIKARU FUJII 藤井光 美術家/映画監督

No.63 2010-09-05  

1. 芸術関係者 各位『アワーストライキ』にご参加ください
2. AAF学校〈アーティストの労働と権利を考える〉
3. 宮下公園夏まつり「何も変えてはならない」

…………………………………………………………………………………………………………………… 

1. 『アワーストライキ』にご参加ください(転送歓迎)

芸術関係者 各位

芸術の労働問題。このアポリアを私たちの切実な問題として脱構築するア
クション+映像制作にご参加ください。
アーティストやアートプロデューサー、 アートNPO、技術者など断続的
に雇用されるクリエイティヴ・レイバー(芸術労働者)が、アサヒビール
本社の地下駐車場に数十基のテントを張り、芸術と労働に関する新しい概
念/声をあげていきます。

墨田区役所前広場にも、無数のテントが張られ、美術、音楽、映画、アニ
メ、文学、デザイン、ダンス、演劇、建築関係者が座り込みのアクション
を行います。自営でもなく、有期/無期の給与所得者でもなく、産休や労
災、失業保障もない芸術労働者たちの生活実態を知る家族やパートナーも
参加します。芸術労働者たちのかげがえのない一回性の生が、芸術の条件
である事を知る学生やこの社会で多数者となった有期雇用者たちもいます。

当日のアクション/映像制作に参加できないが、このプロジェクトに関心
ある方は、下記のサイトから、芸術と労働に関するご意見を投稿して下さ
い。真撃な無数無限の批評言語が、芸術と労働の新しい関係性を創出して
いくと私は信じています。藤井光(美術家・映像ディレクター)

http://silentlinkage.com/archives/180

【日時】2010年9月25日(土)10時/15時/20時集合(全3回)
【場所】アサヒ・アートスクエア前広場(浅草駅、徒歩5分)

【持ち物】プラカード、作品、楽器、PCモニター、拡声器、絵コンテ、
寝袋、助成金申請書、マンガ、パフォーマンス、食料、請求書、コンパク
トチェアなど必要と思われるものを持参ください(広場撮影使用条件とし
て、手で持ち運び出来る範囲のものとなっています)。テントはこちらで
用意いたします。

【協力】Survivart/アサヒ・アートスクエア
【問い合わせ】contact(at)hikarufujii.com

……………………………………………………………………………………………………………………

2. AAF学校〈アーティストの労働と権利を考える〉

2003年アヴィニヨン・フェスティバル(仏)がストライキで中止されたこ
とは記憶に新しい。このとき大きな争点となったのは、アンテルミタン―
自営でもなく、有期/無期の給与所得者でもない、断続的intermittentに雇
用される労働者―に関する制度の変更だった。その多くがアンテルミタン
である 舞台芸術に携わる芸術労働者(アーティストや技術者など)がその
制度変更に反対し、ストライキやテレビの生放送をジャックするといった
大規模な労働運動を 巻き起こしたのである。この運動を期にパリでは、従
来の労働組合とは異なる形で、個人の権利意識や自らを守る智恵やスキル
を共有するための芸術労働者の連帯が生まれ、活動拠点「CIP」も創設さ
れた。
今回のAAF学校では、旧来の雇用形態にとらわれない多様化する働き方や
ライフスタイルを選択した芸術労働者たち(アーティストやアートプロデ
ューサー、 アートNPO、技術者など)が、個人の権利意識を自覚し、自
らを守るスキルを共有するための方法、また組合にとどまらない連帯や運
動の可能性などについて 考察する。

対談:吉澤弥生 × 藤井光

【日時】2010年9月13日(月) 18:30~20:30
【場所】アサヒ・アートスクエア
【参加費】2000円(学割:1500円)
【申し込み】氏名・連絡先(e-mail/電話)を明記の上aafs@arts-npo.orgまで
【主催】アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会
【詳細】http://arts-npo.org/aafschool2010.html

吉澤弥生(よしざわ やよい)
大阪大学大学院GCOE特任研究員/NPO法人地域文化に関する情報とプロジ
ェクト[recip]代表理事、1972年生まれ。

……………………………………………………………………………………………………………………

3. 宮下公園夏まつり『何も変えてはならない』

宮下公園夏まつりが2010年8月28日・29日に行われた。アルミ缶つぶし競
争、恊働炊事(炊き出し)、追悼式、屋台、ライブ、芝居、青空マイク、
カラオケ、上映会、シンポジウム、盆踊り、セミの声が賑やかな、みんな
の宮下公園で、嬉や夏祭り。渋谷区とナイキが一方的に与えようとする文
化圏が、今、ここで、起きている一回性の文化を破壊しようとしている。
『何も変えてはならない』 。この反時代的な政治行為を私たちはこの社会
で実践することが出来るのか?

http://airmiyashitapark.info/wordpress/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントは受け付けていません。

お問い合わせ:contact@hikarufujii.com